2017年05月18日


どうにかしたいという気持ちは見えるし
足掻き、藻掻いて、なんとかして現状を打開しようとしてるのも分かる。

けど、やはり どうしようもないところまで来ているんだなと思わされた浦和戦。
いや、どうしようもないところまで「来ている」というよりも
どうしようもないところから「進歩がない」の方が合っているかな。

土台うんぬんのレベルじゃなくて、
土台そのものがない。皆無。の段階。

何もない場所に何かを作ろうとしたって無駄な話だわな、と。

感覚って やっぱりあやふやなもので
「新潟らしい」とか
「最後まで諦めない」とか
「奪ってタテに早く」とか

新潟らしい、ってのを 具体的に言えば?
 →最後まで諦めない
 →テクニックより個人技よりチームワーク
 →泥臭くアグレッシブに
・・・・と いろいろ目指すべきもの、として掲げた「サッカーの在り方」はあるけれど
それらも結局曖昧なものでしかなかったのかなと。

文丈さんの描いていた「アルビらしいサッカー」は
選手やスタッフやサポや みんなと同じものだったのだろうか?と。
文丈さんが目指したもの、文丈さんの描いたサッカーを
文丈さんは きちんと言葉としてアウトプット出来ていたのか、
選手はそれらを理解できていたのか
共有出来ていたのか
甚だ疑問です。
キャンプから一体なにをやっていたの?と
日頃の練習は何をしていたのか、と

練習で出来ていなことは実戦でも出来ないんだよ…

悲しくなった浦和戦でありました。



「J2でやり直せ」なんて言わない。
と 言ってたけど

もう
これも既に やり直すとかやり直さないとか降格するしない以前の問題で
選択肢はない。
雨降ってる→じゃあ傘をさそう、くらいの自然さで降格する感じ。
水は低きに流る、みたいな自然さで。
生き残りたいと願う願わないの話ではなくて、
生き残るという選択肢はすでに消えましたよ な話です。

なので、受け入れるとか諦めるとかでもない。
だからもう今シーズンは来季に向けてのチーム作りでいこうぜ的な


そんな感じです。
そもそも、「J2でやり直す」のが成功してるところなんて少数派なんだよ
やり直せずにいるチームの方が多いんだよ
うちがその少数派に入れるとでも??? って
感じでしょうよ。



でも、
諦めるには早くて
選択肢はないけれど
可能性はゼロでもない。

扉は閉ざされた。
しかし鍵はかけられていない...かもしれない。
扉のノブに手をかけて、ノブを回すまで
鍵がかかったかどうか分からないのです。

という感じです。

いまはノブに手が届いていないけど。



努力がすべて報われるわけではない。
無駄な努力とか
骨折り損とか そんなの山のようにある
けども。

それでも、
成し遂げた人は すべからく努力してるんだよ。

ってのも詭弁ですかねぇ。



でも明らかに ロペスは新たな風だと思う。
今までのアルビでは なかった人選かなと思います。

まあ、今回のも「no choice」なのかなーとも思ったりもしますが。。。
なんでここでロペスなんだよ!って文句言ってもさ
就任依頼を受けてくれる人がいなきゃ もう仕方ないわけですから


新たな風を楽しめたらいいなと。


「知らない」という点での、利点があるかもしれないし!
先入観がないっていうさ、 そういう意味での。

土台から作り上げていく段階ではないのだろうし
応急処置をしながらどうにか延命措置を、が現実路線になるのかな。

決してネガティブになっているわけではない。
出来ない、とも思ってない。


楽しみです。

残りの試合全部勝てば余裕じゃーん!

っていう感じです。はい。










スポンサーサイト
   
2017年05月09日


見ていてつらくなった。
選手も、そして文丈さんも
もう顔を上げていないような、
もう膝をついてしまったような、
そんな試合に見えたから。
底が抜けたような いや、違うな
底すらないことを再認識させられたというか
そんな絶望感すら感じてしまう試合だったから。
「流れはいい」なんて文句も出せないような90分で…

と、試合の感想(と愚痴)を書こうと思っていたら
ロペスですか。  てか休養ってなに?復帰の可能性残しておく、……
ということは つまり交渉次第ではロペスにお断りされて 文丈さん復帰とかそんな展開も無きにしもあらず?

語弊があるかもだけど
クラブ側は文丈さんが辞任することを禁じていたとか?
契約する段階で、成績がどうなろうと途中解任しないよ、辞任もさせないよ的な。
なぜかって 金使え(わ)ないから の一点で。
なんて
まあ、それは
あまりにもアレなので 単なる邪推ですかないわけだけども
そもそも、去年からの流れで
てか 達磨さんに決まったとき「今までのやり方に拘ることはせず・・」みたいな強化部のコメントがあったと思うけど それを見て (゚Д゚)ハァ?とは感じましたよね… 積み上げてきたものを否定するんかい、みたいなさ。。。いや、否定とまではいかなくても そういう、なんていうか 方向性が定まっていないというか いわゆる”ビジョンがない”というか、、、
ネガな方向にしか思考が進まないんすわ。



ロペスワグナー
ロペスか… うん…
ガンバのセホーン事件(?)がセットになってしまってるので あまりいい印象がない。
Jでの指揮経験がない人をまた、ってどうなの…と
J(J1)での経験がないor少ない人を監督に据えて失敗(断言)したのは一回じゃないじゃん
それをまた繰り返すの?性懲りもなく?
三度目の正直(三度目じゃないけど) よりも
二度あることは三度ある になるんじゃないの?とか
そもそも、こういうバクチで成功といえるのって 反町さんのときだけだよ、まだその過去に縋るの? とかとかで

現時点では期待よりも不安が大きい。
でも、この不安よりも、 「文丈さんを続投させる」の光の見えなさ加減は大きいのでありました。。
選手から 練習の雰囲気のダメ出しが出るまでというのは
さすがに擁護も  ”監督もまだ成長段階だから!”と言い訳も無理だわな。


ブラジル人監督という点は良いと思います。
こういう状況で初のブラジル人監督かよと思うのはありますが。

正直、今年のブラジル人選手は
経験の少ない日本人指揮官の手には余るように見える。
反町さんくらいのアクがあるならジャンパトとも渡り合えたのかもだけど。
、、て
過去しか見てないのはこっちですかね。。

コンダクター的な選手がいないのを解決してくれるでしょうか。
そういう仕事を出来る選手はいると思っているのです。
そのポテンシャルを 日本語で言えば可能性を 引き出せる監督力を!お願いいたします!!
あるかどうか知らんけども。

まあ、うん、これは もう はい、、
うん、あれです、あの、 その… ね、 クラブもね、故意に降格させようとか思ってるはずはないんですよ(ないよね)
でしょ、だから
その、、何を指針にすべきなのか、たぶん、いま ほんと 分からないんじゃないかと
中野さんが社長に戻って 少しは 期待らしきものはあったけど
原点回帰とは名ばかりで
というか、あやふやすぎる。「原点回帰」も「アルビらしいサッカー」も。
なのにさ、
なんか その、
あの、あれで、もう、
「前はこれやってうまくいったからまた同じことやればいいや」な
そんな…
安直さは たぶん ないと
思い…たい。


ロペスは
いつかJで監督するのが夢、と言ってたらしいので
 ・日本を離れている間もJ情報を逐一チェックし、
 ・せめてJ1のチーム情勢状況は把握している
くらいのことは大丈夫なんですよね?
残留ラインと差が広がるばかりのチーム状況も分かっているんですよね?

今、この火中の栗を拾ってくれる人は少ないだろうし
本当にロペスが就任要請を受けてくれるのなら感謝するしかないんだけど

ぞわぞわするんです。行く末が見えなさすぎて。

でも、「一度J2に落ちてやり直せ」なんては言わない。












   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。